膝脱毛で抜けないときのポイント!オススメの脱毛器と黒いブツブツ(黒ごま)の自己処理方!

膝の毛は太くて濃く、意外と脱毛に手こずる人は多いです。

そのまま放置をしてると黒いブツブツが目立ってきて、見た目が汚くなってしまいますよね?特に露出が多い服装のときは気を使ってしまいますよね。

しかも膝は皮膚が硬くて炎症が起きやすく、自分で毛抜処理は意外としづらい部位です。

そこで本記事では自分で膝脱毛をするときのポイントやオススメの家庭用脱毛器をご紹介いたします。
膝脱毛は一歩間違えてしまったら黒ずみや埋没毛の原因になってしまいますので注意してください。

そうならないためにも、正しい脱毛の仕方やケア方法をチェックしましょう。

簡単なポイントを抑えて上手に膝の毛を抜ければ、黒ずみを抑えていつでもツルツルでスベスベな状態をキープ出来ますので是非本記事を参考にしてください。

【関連記事】
家庭用脱毛器のオススメ5社を徹底比較検証!

目次

膝の毛の脱毛処理はみんなどうしてる?

hiza01

日頃から脱毛サロンやクリニックに通ってる人はそのまま処理をしてもらうケースがほとんどです。ただ、それ以外の人は膝の毛が気になるなら家庭用脱毛器を強くオススメします。

理由は単純です、多少費用はかかりますがおウチ時間で好きなタイミングで処理ができる。更には他の部位の脱毛ができたり、機器によっては美容効果も期待できますからね。

サロンやクリニックに通ってる人以外の自己処理の方法は以下のタイプに分かれることがわかりました。

  • シェーバーで剃る
  • 脱毛器で処理
  • 頑張って抜く

非常に残念ですが、膝は特にシェーバーや抜くと行った行為は極力控えた方が良いです。半ば強引な脱毛は、黒ずみの原因になりますので注意してください。

特に女性は、スカートを履いたりした時に何かと膝が露出することがあります。そのような時に膝が黒ずんでたらと想像をしてみてください。

そう考えたら、膝の脱毛はサロンやクリニック、もしくは家庭用脱毛器でしっかりと処理をするのがオススメです。

膝の脱毛は自己処理がおすすめの理由

水着04

日頃から家事や育児、仕事で何かと忙しくしてる人は正直サロンやクリニックを予約して行くという行為が自体が大変ですよね?そういった点からも、膝の処理は家庭用脱毛器での自己処理をオススメします。

なぜなら、膝の脱毛を行ったら必ずといっていいほど他の部位も脱毛をしたくなりますし、何より長期で考えたときには家庭用脱毛器はコスパが良いです。

以下が各自己処理方法の比較検証になりますので参考にしてみてください。

自己処理方法のメリット・デメリットの比較検証

処理方法 メリット デメリット
シェーバー 安全・肌への負担少ない 深剃りできない
カミソリ 安い 肌への負担がかかる
毛抜き 手軽・安い 埋没毛・黒ずみの原因になる
除毛クリーム ツルツルになる 肌に合わない可能性有・臭い有
家庭用脱毛器 脱毛効果有・他の部位も利用可 本体価格が高い

上記が各脱毛方法のメリット・デメリットの比較検証です。当然ですが、家庭用脱毛器は他の方法に比べたら価格高いです。もし手軽に膝を脱毛したいと思ってるなら、下記のような除毛クリームから始めるのも良いと思いますよ。

肌にさえあえば安く手軽にすませられますからね。そういった面ではこちらの除毛クリームは5分で脱毛を終わらせらるからオススメですので、一度チェックしてみてください。

膝の脱毛は家庭用脱毛器がおすすめな理由

もちろん、手軽に安くすませたいなら除毛クリーム等が良いとは思いますが、しっかりと脱毛をしたいと思ってるなら家庭用脱毛器以外の選択肢はないです。

残念ですが、毛抜やシェーバー等で無理に剃ったりすると膝の黒ずみの原因にもなるので扱いには注意が必要です。

その点、最近の家庭用脱毛器は安全に全身使える物がほとんどです。VIO可の家庭用脱毛器などもありますし、きちんとした使い方をすれば美容効果が期待できるアイテムもあります。何より他の部位の脱毛をしたいと思ったときにも使えるのは重宝しますよね。

膝の脱毛をするなら、編集部のイチオシは定番のケノン脱毛器です。これ一台あれば何も困ることがないので、一度公式サイトなどをチェックしてみてください。

膝やヒザ下脱毛で黒いブツブツ(黒ごま)が抜けない原因

サロンや自分で脱毛処理をした際に気になるのが、黒ごまと呼ばれる黒いブツブツですよね?

この黒ごまの原因は一体何か、結論から申し上げると熱組織で破壊された毛根の組織です。この黒いブツブツ(黒ごま)自体はすでに死滅した組織ですので、放置をしといても何も問題は有りません。

ですが気になるのは問題がある無いではなく、見た目ですよね?

この黒いブツブツ(黒ごま)はすでに死滅してるので、毛ではなく正しい認識は「老廃物」となります。このブツブツ(黒ごま)状態を解消するには、自然に毛穴組織から抜け落ちるのを待つしか有りません。

脱毛後の黒いブツブツ(黒ごま)は10日〜14日程度で体外に排出されるので安心してくださいね。

膝の脱毛時の注意点

hiza03

膝の脱毛をする際に一番注意したい、気をつけたいポイントは乾燥なのは間違い有りません。

膝の乾燥は外部刺激から肌を守る力が弱まってしまいます。つまり、乾燥状態の膝は肌のバリア効果がなくなり、脱毛器の照射が刺激となります。

サロンやクリニックでも、乾燥状態の肌への施術は肌への影響を考慮して照射能力を下げるといった対応をされます。

なぜ乾燥状態の肌が脱毛によくないのか、具体的に解説していきましょう。

乾燥は痛みが強くなり、敏感肌になってしまう可能性がある

乾燥した膝に脱毛処理をするのは痛みの原因や、後々敏感肌になってしまう可能性があるので気をつけましょう。

膝が乾燥してる状態は、水分のバリアがない状態です。特に膝は骨に近い部位でもあるので痛みには敏感な箇所ですので注意は必要ですね。

潤いがある状態ですら骨に近い部位ということもあり、人によっては痛みを感じるケースがあります。

埋没毛になる可能性が上がる

さらに、乾燥した状態での脱毛は埋没毛の可能性が上がってしまいます。

乾燥してる皮膚は非常に硬くなります。硬い皮膚ので生えてきた毛が外に出られなくなると埋没毛になってしまいます。

乾燥肌の人は特にこういったことに注意をする必要があります。膝に限らず日頃から肌を保湿することは良いことです。

肌が乾燥気味の人は日頃から保湿をしてあげる習慣をつけてあげましょう。

たまには自分へのご褒美でちょっと良い美容液とかを使ってあげるとかなり乾燥を防げますよ。
今なら、神コスメで話題のオルビス7日間体験スキンケアセットが1,200円(税込)で体験できます。

オルビスなら使って間違いないスキンケアセットですから、もし肌乾燥で悩んでるようなら一度試してみてるのは良いですよ。すごくオススメです。

膝の脱毛を自己処理でする場合は家庭用脱毛器がおすすめ

膝の脱毛をおウチ時間でやろうと思ったら、間違いなく家庭用脱毛器がおすすめです。

シェーバーやカミソリで深剃りをするのは肌への刺激が強すぎます。それに、他の部位も一緒に脱毛できるというのもすごく嬉しいですよね。

実際に家庭用脱毛器を使って膝に限らず、脇や足、腕からVIOまで処理をしてる人はたくさんいます。

ただ、たくさんある家庭用脱毛器のどれを選んで良いか迷ってしまいますよね?

そこで、最後になりますが王道家庭用脱毛器でオススメのアイテムをご紹介いたします。もちろん、どれも脱毛効果に期待が持てますし後悔しないアイテムになってるのでぜひ参考にしてください。

ケノン

確実な効果を求めるならこれ!

商品名 ケノン
本体価格 69,800円(税込)
脱毛方式 フラッシュ方式
照射可能部位 髭、足、腕、ワキ、顔、VIO可
手入れ頻度 週に1回
カートリッジ 交換可能
美肌ケア 可能

変化が確実に一番感じられる脱毛器の大定番!

2ヶ月ほど使用したらかなりの変化が感じられる家庭用脱毛器の大定番のケノンはコスパが非常に良いです。
照射レベルは10段階で選べますが、マックスだと痛みを感じる人も多いので注意は必要です。

また、各サイトでも必ず売上げランキングに入ってくる売れ筋アイテムなので安心感もありますよね。

説明が見やすい液晶ナビがあるので、初心者の方も安心して利用ができます。

特徴

  • 人気アイテムの安心感
  • カートリッジを変えれば美顔器としても使用可
  • VIOも対応

【関連記事】
【注意喚起】ケノンの最悪な口コミから見る3つの注意点

脱毛ラボ ホームエディション

大手サロン販売の安心感

商品名 脱毛ラボ ホームエディション
本体価格 月々2,770円(税込)
脱毛方式 フラッシュ方式
照射可能部位 髭、足、腕、ワキ、顔、VIO可
手入れ頻度 2週〜8週に1回
カートリッジ 交換不要
美肌ケア 可能

冷却クーリング機能搭載の安心感

藤田ニコルさんのCMでおなじみの大手サロン「脱毛ラボ」が販売してる家庭用脱毛器の「脱毛ラボ ホームエディション」は、髭脱毛にももちろん効果があるアイテムです。
高機能タッチセンサー搭載で、デコボコした髭周りにも照射がしやすく初心者の方にもおすすめできるアイテムです。

特徴

  • 冷却機能搭載で痛み軽減
  • タッチセンサー搭載で髭周りの処理もしやすい
  • 安心の大手サロン開発

【関連記事】
脱毛ラボホームエディションの口コミがやばい!?【辛口調査結果】

HOME STLASSH

No.1脱毛サロンSLASSHが開発!
商品名 HOME STLASSH
本体価格 71,040円(税込)
脱毛方式 フラッシュ方式
照射可能部位 髭、足、腕、ワキ、顔、VIO可
手入れ頻度 週に1,2回
カートリッジ 交換不要
美肌ケア 可能

大手脱毛サロンSTLASSH販売の安心感!

大手脱毛サロンのSTLASSHが開発をした家庭用脱毛器「HOME STLASSH」は、冷却機能付きで初めての人でも安心して使えるのが良いです。
また、価格も他の商品と比べて安めな割に照射回数も40万発とコスパは圧倒的です。

特徴

  • 冷却機能搭載で痛み軽減
  • コスパが圧倒的
  • 安心の大手サロン開発

膝脱毛を家庭用脱毛器でするならケノンを選べば間違い有りません!

もし家庭用脱毛器選びで迷ってしまったなら、ケノン脱毛器を選べば間違いは有りません。

一番売れてるのもそうですし、何より全身あらゆる箇所の脱毛が可能なのは嬉しいですよね。

利用者が多いので、ケノンの口コミも良いものや悪いものをしっかりと比較できます。

一番オススメできる家庭用脱毛器ですので、気になるようでしたら一度公式ページで利用者の声や特典等をチェックしてみてください。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる